【日本や韓国で体験した心が温まる友好エピソード】

2015年は、「日韓国交正常化50周年」

2014年に”日本人が韓国でフリーハグをしてみた”
桑原功一さんの動画に、心を動かされた方も
多いのではないでしょうか?

動画は → こちらから

1月の韓国観光応援団のミッションは、
「日本や韓国で体験した心が温まる友好エピソード」


思い返すと、韓国旅行中に本当にたくさんの方々に
道を教えていただいたり、荷物を持っていただいたり、
助けていただきました。 毎回旅行中に必ず助けて
もらっていて心がほっこりしています。




私が忘れられない心温まる友好エピソード
それは、約2年前のクリスマスのお話です。


私がソウルの語学学校に1週間、一人で勉強に
行っていた際、学校の方が本当いろいろしてくださり、
帰国後も交流が続いていました。
その一人がジェジュンさんです。


2012年11月にジェジュンさんから連絡が来て、
「クリスマスに日韓友好のフリーハグをするために
自転車で東京に行こうと思います」
と。。。。


自転車??


そうなんです、ジェジュンさんはソウル〜福岡〜東京
と自転車に乗って来ると言うのです!!


動画は、→ こちらから


まさかそんなことができるのか?
半信半疑でしたが、ジェジュンさんはソウルを出発しました。


SNSで、今はどのあたりまで進んだのか?
どんな様子なのか、毎日確認しました。


寝袋で野宿をしたり、知り合った方と交流を
深めながら、旅は続きました。



釜山から、フェリーで博多に渡り
ついに日本での自転車の旅が始まりました。



博多 大阪 名古屋 東京と 事前に
フリーハグをすると告知していたので、
彼はその日程、時間に遅れないように、
そして、
”待っていてくれる人がいる”との
想いで、必死にペダルをこぎました。




そして、2012年12月24日
東京スカイツリー前 大きな荷物を持った
自転車のサンタクロースは、到着しました


自転車


私は、サンタさんと学校で知り合った仲間と
一緒に、フリーハグのお手伝いをしました。


クリスマスイブで、街行く人は 急ぎ足でしたが、
大きな声で、”日韓交流の為にサンタが自転車で
ソウルからやって来た”
ことを伝えると、
みんな足をとめ、自然と集まってくださり、書ききれないぐらいの
メッセージや、暖かい言葉をかけてくださいました。

メッセージ記入


スカイツリーゴール




私にとっては、
心を激しく揺さぶられる出来事でした。


彼の「日韓交流のために!」という想いは、
多くの人の心を動かしました。



ゴールで少しだけでも、共有できた事を
とても嬉しく思いますし、感謝しています。


そして、疲れているはずなのに、
終始笑顔のジェジュンさんに逆に
力をもらいました。


日韓交流の為に走った距離1500キロ



成し遂げ爽快感に満ちたジェジュンさんの
顔は、今でも忘れられません。





大きなことは、できなくても、
心の中に気持ちがあれば、ふとした場面で
手を差し伸べられることができると思います。


席を譲ったり、道を教えたり、
耳を傾けたり






そして、交流の第一歩は、笑顔だと思います


言葉は分からなくても、うまく伝える事が
できなくても、笑顔があれば、
困っていたり、焦っている気持ちを
どれだけ溶かしてくれるでしょうか。


政治の問題など、なかなか国レベルでは
うまくいかないことも 個人レベルでは
乗り越えられる事がたくさんあります。


互いに、笑顔と温かい気持ちを持って
交流を深めていけたら。と思っています。




日韓国交正常化50周年」の節目に、
改めて思い起こさせていただいた気持ち。
今月のミッションをくださった
韓国観光公社さんにも感謝しております。


今でも学校のある弘大に行くと
温かく迎えてくださる学校の皆さんに
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。




私の心が温まる友好エピソードでした

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

0 comments

非公開コメント