公州〜全州 までの道のり

公州→全州への直通バスは、ございません。

そして ソウル、公州バスターミナル、公山城観光案内所
それぞれ行き方を聞いたらバラバラでございます。。。

さてさて、どうしたものか。


私たちは、バスを乗り換えて向かう方法を選びました

公州→ユソン→全州


バス乗り換えるだけなら、なんとかなるでしょぉ〜



th_20150323_163211.jpg


ちょっと心配だったので、運転手さんに念のため
「ユソンに行きますか?」
と聞いてみたら、手で早く乗れ!(無表情〜) 
みたいにされたので、慌てて乗車

お腹もいっぱいで、バスに揺られたら
眠くて眠くて〜。 
でも停車駅のアナウンス聞いてなくちゃ行けないし〜


まぁ、寝ました


起きて窓の外を見ていたら、街中にバスが狭い場所に
たくさん止まっているのが見えました。
ここかな?と思ったのですが、バスはスルー

しばらく走って、運転手さんが「ユソン!」
教えてくれました(優しいじゃないのぉ〜



で、降りたのが ここ


th_DSC02374.jpg

えっ?!

ただのバス停じゃん。




ここから、全州 どうやっていくの??
ユソンってそもそも どこなのよ?


一気に目が覚める私たち
焦る

th_DSC02375.jpg


とりあえず 大通りに向かって歩いてみる。
すると、見慣れたマークが!

観光案内所
th_DSC02378.jpg



このときの観光案内所マーク、神々しく輝いて見えました(笑)

「すいませーん(たすけてくださーい)

日本語対応スタッフの方もいらっしゃて、一安心。



全州行きのバスは、さっき私が車内から見た
バスがたまっていた場所だったようです。

先ほど降りたバス停からは、徒歩10分かからないくらいでしょうか。
知らないと、乗り換えできないです(泣)

th_DSC02383.jpg


無事にチケットも購入できました。

th_20150323_162530.jpg

チケットを持つ手に見えているのは、
栗のお土産を買った紙袋です


th_DSC02384.jpg


ここ、狭くて、バスが入りきらないんですよ(笑)
それで、普通に車道横に何台ものバスが並んでいて
降車したり、乗車したり。


で、私たちも、バスをベンチに座って待っていたのですが、
時間になったら、車道へ行って、目的のバスを探したりしました。
うっかりしてたら、車道から出発してしまうのです
なかなか気が抜けませんね


ちゃんと見張っていたので、無事に乗車。 
全州は、終点なので安心して眠れます(また寝るんかい)



一応車窓もね〜
th_20150323_163241.jpg



全州の様子は、また次回以降の記事にて
スポンサーサイト

0 comments

非公開コメント